自分と向かい合う旅の友

「分水嶺トレイル」という、山岳縦走競技に縁あって出場したことがある。

青梅駅をスタートして、4つの日本百名山を経て、清里まで抜ける 累積標高12000mというこのレースは、制限時間は3日間。 途中、避難小屋や山小屋を利用させてもらうが、基本は3日間の食料、水、防寒具、ツェルトなどなど、すべて背負って1日に20時間は動き続ける。

地図を確認しながら、事前に決めていた通過タイムを確認しながら 歩きながら食べたり、飲んだり、 とにかく1歩でも前へ、1つでも山を越えられるように、ひたすら進み続ける。 背負う荷物は、どんなに軽量化しても、やはり何時間も歩いていると ずしっと肩にも背中にも腰にものしかかってくる。

でも進まなきゃならない。

そんなときに戦友になってくれるザック。 Ultra Raid 20L(ウルトラレイド 20L)

フロントにボトルが2本。 ボトルの上には、ジェルや小物を収納できるスペースがたっぷり。 そして、折り畳みストックをつけることができるから、 使いたいときに取り出しにくい、もう使わないから片付けたいのにザックを下ろさなきゃならなくて面倒・・・そんなストレスから解放される。 ちょっとしたことだけど、ザックを背負ったり、下ろしたりの回数が減るだけで体力消耗が減りうれしい。

ウェスト部分も 1日分の行動食がすっぽり入るだけでなく、 ポケットにプレーヤーを収納できる。 コードがつながってるので、肩から出ているイヤホンジャックにつなげば コードのぶらつきを気にすることなく、音楽を楽しみながら行動することも可能。

もちろん必要なければ取り外しができる。

ザック側面のポケットは深いので、レインウェアやテントポールなどを入れておいても 落ちる心配はない。

ザック背面のポケットも深く、メッシュ素材なので伸縮性があるので バーナー用のガスや、ザックの中にしまいたくないゴミなどを入れておける。

ザック背面下は、メインポケットと分離されているポケットがあるので ツェルトやウルトラライトタイプの寝袋なら収納可能。

そして、このザックは別売りのパックが装着可能。 その名も

Pack Avant Ultra(パックアヴァントウルトラ)

このパックにもボトルが収納可能。なんと3本も入る。しかも1本は、冷却素材になっているのでずーーっと冷たいままは無理でも、ちょっとの間なら冷たいまま持って移動できる。

そしてなんといっても、取り外し可能な地図ケース。 不安だから地図が必要なのに、地図の出し入れが意外と難しくて ぽっけにそのまま入れると、汗や突然の雨で濡れてしまい、

肝心な時に地図が開けない。 一度地図を出すと、今度は片付けるのがまた億劫で、手に握ったまま移動してたら 破けてしまったり、気が付いた時にはなくなってしまったり、そんな経験がある人もいるのでは?

見たいときに見れて、ザックからの取り外しが可能。

すごく便利。

これ、単独で肩掛けのバックとして使用可能だから 縦走なんて関係ない、普段ちょっとしたハイキングでも大活躍しそうな機能がいっぱい。

どちらも道がまっすぐウェブストア、店舗にて販売しております。

山岳縦走という、自分と向き合う旅の戦友に。 ぜひいかがでしょう?

http://michigamassugu.com/items/574960eb99c3cdc53b00ce54

http://michigamassugu.com/items/5749614741f8e868030085cd


最新記事
アーカイブ
SNS
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Basic Square

TODAY RUNNING COMPANY

道がまっすぐ

住所:〒400-0031

山梨県甲府市丸の内1-1-25

tel:055-269-5397

Email:michigamassugu@gmail.com

  • Instagram Social Icon
  • Facebook Social Icon